センター試験 英語の分析

センター英語の分析をするのに最も優れているのが
各予備校が出すデータです。
大手予備校には河合、駿台、代ゼミが挙げられます。

このほかにも地域によっては、
その地域特有の予備校があるかと思います。
そういったところで出されている、
センター試験の英語の近年の傾向をチェックしましょう。

最近では特に会話文を多く取り上げられたり、
知っていないと解けないような慣用句が
出題されることもありますので気をつけましょう。


できるだけ複数の予備校のデータを参考にしたほうがいいです。
まだ受験シーズンでない高校2年生や高校1年生は、
センター試験があるごとに、
本番を意識して自分でもセンター試験の問題を解いてみましょう。

高校2年生と1年生はセンター試験の1日目の夜には、
各大手予備校でセンター試験速報が出されますので、
必ずチェックしましょう。

問題や解答、講評などを載せている予備校もあるので、
時間があるときにでもこれらの情報に目を通すことが大事です。
印刷して自分で問題を解き、解答までできると尚良いです。


高校3年生や受験生の方は、速報は試験が終わるまで
無理に見る必要はありません。
翌日以降のパフォーマンスに影響が出てくる可能性もあるからです。

さて、センター英語を分析することはもちろん大事なのですが、
それと同じように大切なのが、自分の偏差値を知ることです。


偏差値をまず知って、それを受け止めなければ
学力を向上させていくうえで、
いろいろ弊害が出てきてしまいます。

偏差値を知ることを苦しく思う人もなかにはいると思いますが、
自分の今現在のポジションを知ることで、
この後何をしていけばいいのかといったことが具体的に分かってきます。

あとはそのやるべきことをひたすらやればいいだけなのです。
ですので、まずは大手予備校などの模試を受け、
自分の偏差値をしっかり把握しておきましょう。

センター試験 英語 勉強法のトップページへ戻る
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|